top  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  授業・演習  >  サービスを知る、觀察ワークショップ

-------- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールドワーク | topページへ戻る | サービスデザインの公式ブログ開始!

このページのtopに戻る

2011-10-01 サービスを知る、觀察ワークショップ

さて、ブログ開始が少し遅れてしまいましたが
サービスデザインの授業は9月から始まり、早くも1ヶ月経とうとしています。

では、9月ではどんなことを学んできたのか?
過去を振り返りながら追っていきましょう!

まずは「サービスを知ること」からはじめます。参考文献を読んで勉強です。
グループでの初共同制作。文献で大切だと思うことを一枚の紙にまとめていきます。


まとめたことで自分たちの思考も整理されます。
これと同時進行で、身近にあるサービスについて各個人でまとめてきたものを、グループ内で話し合ったり意見交換をしました。身近にあるサービスは、コンビニのコピー機からネットショッピングまで様々です。
そしてこの中から1つ選んで模造紙に書きまとめます。これが授業での初発表となりました。

各グループ、模造紙を壁に貼り発表。





次の授業では、観察ワークショップ「鉛筆を削る動作の観察」と「学内フィールドワーク」を行いました。
「鉛筆を削る動作の観察」では単純な行為にも多くの気づきがあります。
同じ目的、鉛筆を削るということに向かっていても、その過程が人それぞれでバラバラでした。



続いてフィールドワークの練習、ということで大学内の食堂や購買に向かいました。
ここではどのような過程を経て買う経験をするのか、自分の、販売者側の動きなどを観察しました。



これらを踏まえて次回はフィールドワーク、実際のお店で観察を行います!

塩田
スポンサーサイト

フィールドワーク | topページへ戻る | サービスデザインの公式ブログ開始!

このページのtopに戻る

コメント:

このページのtopに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント:
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのtopに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。